トップページ > インテリア情報

インテリア情報

加飾和紙の表情シリーズ




和紙の美しさは、素材の風合い、紙の漉き色、紋様(図柄)、摺り色、紙の取り合わせ(細工張り)、金銀細工仕上げ、建具・額装との調和・・・などによって、無限の可能性を生み出します。
これら和紙がつくる表情を、皆様の「コンピューター待ち受け画面(壁紙写真)」として、ご提供いたします。

注意:掲載されている壁紙写真は、商品意匠や写真著作権の関係上、本ホームページご利用者のパソコン内に限定してご使用ください。


金銀砂子加飾


銀紙の表面をコーティング加工して、金砂子細工を施しました。紙でありながら貴金属の趣を生み出す和紙の工夫です。

描紋様


手描きで創る繊細な描紋様を、色鳥の子/越前和紙にシルクスクリーンで印刷し、さらにこれを貼り合わせて構成した和紙のインテリア作品です。(デザインは「工房KOU」制作)

墨描き


和紙にはなんといっても墨があいます。この和紙には大胆に墨の模様を付けました。筆をお使いの方であれば、さまざまな和紙に自由奔放に、図柄を描いてみてはいかがでしょうか。

木版・もみじ図1


手彫りの木版で図柄「もみじの枝」を捺染したインテリア和紙です。白い和紙にキラ(雲母)で染めたもみじの枝が、淡く光の綾に輝きます。

木版・もみじ図2


手彫りの木版で図柄「もみじの枝」を捺染したインテリア和紙です。深い赤色の和紙にキラ(雲母)で染めたもみじの枝が、秋の真っ赤な紅葉を思わせます。

遊び心


ブルーの和紙に金色の模様を大胆に市松風に配し、表面をコーティングしてみました。和紙製の防水加工したインテリア・パネルとしての表情です。

市松模様


黒色雲肌紙に密かな光沢のあるパール(貝殻粉)で市松を染めました。地の黒が紺か緑の含まれているかのように見える配色が妙です。パール色の市松模様は「べた染め」ではなく「12本の縦線」で構成されています。

灯りを演出する


ランプシェード用に漉かれた手づくりの和紙に、「桜の花」と「風の陰翳紋様」を木版で刷りました。紙の和みが空間をやさしく照らします。

手漉き和紙の妙


表情豊な手づくりの和紙に手描きで桜の花を添えました。灯りを飾る瀟洒な手づくりのインテリア和紙。裏からあたる光が和紙固有の透明感を演出しています。

大胆に染める


古典図柄「桜雲」を使って、新しい和の表情をつくりました。「金もみ紙」に「朱漆」で染めた豪奢なインテリア和紙・・お客様を迎える室礼にふさわしい新和風のインテリア紙です。

浮型和紙


木版を彫刻してその凹凸を和紙に移します。色を加えず陰翳だけが生み出す浮型紙の表情。写真作品は「染め漉きの和紙」と組み合わせて若々しく豊な日本様式のデザインを表現した作品の一部分です。

刷毛引き


真紅の和紙にシロ(胡粉)で刷毛引きをしました。簡素でありながら個性豊な装飾和紙です。
金の演出


仏教美術や日本画(琳派など)で好まれる輝きの美。和紙をつかって金に輝く色にチャレンジしました。金紙に墨や顔料が乗るよう表面を特殊加工しデザインを配しています。

銀の演出


銀の鈍い輝き。時を経ると黒く焼ける渋い味わい。日本人はこのわびの美しさに魅力を感じ続けてきました。手軽に銀の魅力を楽しむため、銀紙をベースにして、表面を墨や顔料が乗るよう特殊加工しデザインを配しました。

襖・織物和紙 泥霞


「和襖(本襖)」用のふすま紙は、水溶性の「麩のり」で下地の紙に貼り付けられるように工夫された裏面(裏張り)をもちます。表のデザイン紙に「織物を漉きこんだ高・中級品」は、織物の風合いが独特の味わいを醸し出しています。写真は曙の風景(部分)。

襖・和紙に和紋様


襖は**種を超えるという地紙の素材に、**以上あるという加飾技法を応用して、実に多様な表現(デザイン・図柄)が施されてきました。図案としては「雲」や「花」「山水」など、自然をテーマにした図柄・紋様が好まれています。写真は昇り雲の図の部分です。

オリジナル柄のオーダーメイド


和紙にも、インクジェットで自由な図柄が付けられる時代です。この作品は下条孟さんの「沖縄の魚のイラストレーション(色鉛筆画)」を、ふすま用の和紙に拡大プリントして、さらに手作業で後加工した「イベント用の襖」の部分拡大写真です。

細工張り


金銀のもみ紙を細工張り(複数の紙をデザインとして張り合わせる技法)しました。さまざまな和紙から好みの紙を選んで張り合わせる細工張りは、その時代にあった感性で、新たな美を和紙から引き出すことができる手法です。

企画制作:SUMMERGRASS
画像協力:オアシス合同会社