トップページ > 内装材料コンテンツ > 空間にアクセントをつけよう Part 2 デコレーションを楽しもう。

空間にアクセントをつけよう Part 2
デコレーションを楽しもう。

インテリアに装飾性が戻ってきた2016-17 年。
家で過ごす時間が増える冬は、部屋を飾りつける機会も増えてくることでしょう。
そんな時は、ぜひテイストミックスや素敵なオブジェを使って彩り豊かにデコレーションを楽しみましょう。
Text & Photographs :Eriko Hosoi(c//space)
お手本はパリのライフスタイルショップ

 日本でも海外でも急速に増えているライフスタイルショップ。その先駆けとも言えるパリの 北マレ地区にある人気のライフスタイルショップ「Merci」。そして北欧や日本の雑貨も扱うお しゃれな小物が充実のセレクトショップ「LA TRÈSORERIE」。このようなライフスタイルショ ップではリビングやダイニングシーンで参考に出来る素敵なディスプレイがされています。
 店舗ディスプレイを参考にし、色使いやテイストミックスのデコレーション・テクニックを 学びましょう。



Merci 店内

花器を複数リビングに置いてみよう
 2016-17 年のトレンドカラーの一つは赤。そこでこんなデコレーションはいかがでしょうか。 このディスプレイのポイントは様々な素材とフォルムの花器を組み合わせている点です。シン プルな黒のソファと白いセンターテーブルの組み合わせ。そこに今シーズン、ファッションで もインテリアでも人気の赤色の花器とサイドテーブルを合わせてデコレーションしています。 サイドテーブルはアンティーク風のタイルで装飾されたビンテージ風デザイン。赤いシェード のランプ、花器には赤い実をつけた枝を生けるなどテイストミックスで徹底的に赤にこだわっ ています。  このようにワンカラーで様々な素材感や質感のオブジェや花器でまとめるテクニックはすぐ に真似できる方法の一つです。



テーブルコーディネートでワンランクアップ


 ダイニングテーブルの上は大きなキャンバスのようなもの。ショップでは様々なお皿やカト ラリー、ファブリックスで絵画のように美しいシーンを描きます。家族や友人が集まるホーム パーティを開く時、ぜひ参考にしたいテクニックを見てみましょう。
 まずはお花の飾り方。ダイニングテーブルの上にお花を飾る時、難しいフラワーアレンジの テクニックはいりません。この写真のように複数の小さなガラスの花器に短かめにカットした 花を一輪ずつ生けて並べてみてください。簡単に卓上が華やぎます。花器がなければプリンな どが入っていたガラスの空き瓶を利用しても構いません。ちょうど良いサイズのものがあった ら捨てずに取っておきましょう。
 食卓の上に花を飾る時、背の高い花器に大きく花を生けると向かいの席の人の顔が隠れてし まう事もあります。また、腕などがぶつかって倒れてしまう危険も。フレンチレストランなど でもこのように小さな花器に短くカットしたお花を飾ってあるのを見たことがある人もいるで しょう。ポイントはワイングラスよりも低く生けること。




 そしてお皿は大中2~3枚を重ねてみましょう。全て同じ皿の組み合わせでなくても構いませ ん。色や柄、素材の違う組み合わせも思い切って自由に楽しんでみましょう。組み合わせに変 化があると畏まったセッティングではなくカジュアルな雰囲気に変化します。フランクな友人 を招いての楽しい食事会ならぴったりです。
 色使いで迷ったら濃淡を意識して同じトーン(色調)のお皿を組み合わせましょう。色をミ ックスするときは3色までに抑えればまとまりやすくなります。

壁面をポップアートのように


 廊下の突き当たりやドアの横など、何気なく毎日よく見る何もない壁面も少しの工夫でアー トを飾ったように演出できます。写真のように沢山のカラフルなカードをランダムに貼るだけ で、まるでポップアートを飾ったように空間に楽しい雰囲気が溢れます。貼るのは旅先で買い 集めた思い出のポストカードやカラフルな大きめの付箋などでOK。特別なものを用意する必要 はありません。コツは綺麗に並べないこと。ところどころ斜めにするなど、自然に散らばった ように貼るのがポイントです。
カレンダーや雑誌の切り抜きでデコレーション


 年が明け、昨年使っていたカレンダーもゴミ箱に。でもお気に入りの写真やイラストがそこ にあったら捨てるのは忍びないものです。そんな時はその部分をカットしてショップのデコレ ーションのようにクリップで留めて紐で吊るすなどして飾ってみましょう。ファッション雑誌 も捨てる前に要チェック。素敵なグラビア写真をカットして壁に飾るのもオススメです。張り のない薄い紙に印刷された雑誌の切り抜きも2箇所クリップで留めればきちんと飾れます。ポ イントはサイズと枚数。雑誌の切り抜きであれば約A4サイズ。その場合は3枚並べるとバラン スが取りやすくなります。カレンダーの場合も同様ですが、B4サイズ以上の大きなものは壁面 の大きさに合わせて1枚ないしは2枚で納めると良いでしょう。

お客様をもてなす機会も増える冬の時期。身近なものを上手に使って素敵なデコレーションを ショップのディスプレイを参考にして楽しんでみましょう。